f:id:f1-jewel:20121113103310j:image

こんにちは、クラフトパーソンの鈴木です。

写真に見えるものはガスバーナーで、ロー付け加工(溶接)に用いる工具です。

本来は中央部にあるガスと空気の調整弁の下にはプラスティック製の把手(とって)が付属されているのですが、私はこれを余分なものとして外して使用しています。

理由はこのバーナーを手だけで持つのではなく口で咥えて使用することがあるからなのです。

自分の口を「第3の手」として使えると両手をロー付け加工のために使えるため、

精度の高い加工が可能になります。

現在はあまりこのような「超アナログ」な方法で行う職人さんは少なくなっていると思いますが、アナログな方法のほうが繊細な調整ができる場合もあるのです。

「バーナーを口で咥えて使うなんて!野蛮な!」とか思わないでくださいね!

時計職人は組立作業の際に歯で机を噛んで動かないようにしている人も実際に居ますし、職人は自分の体も使える限りは使うのです。

クラフトグループ 鈴木 誠

関連記事

  1. リングサイズ整型器

    2013.05.18

    リングサイズ整型器

    こんにちは、クラフトパーソンの鈴木です。最近はお客様のリングサイズについて0.5番刻みで対応…

    リングサイズ整型器
  2. 2009.02.4

    ニッパー

    いくつかの長年に亘って使用している工具を御紹介します。△ ニッパーこれは、「ニッパー」と呼ば…

    ニッパー
  3. 2009.10.27

    蓋付きステンレスビーカー

    通常、「ビーカー」と聞くと、目盛が側面に表示してあるガラス製のものを思い浮かべますね。皆さんも理科…

    蓋付きステンレスビーカー
  4. 2006.12.29

    柄付きタガネ

    こんにちは、工房の鈴木です。2006年ももうすぐ終わりますね。今回ご紹介する記事がおそらく最後…

    柄付きタガネ
  5. 2010.02.18

    ヤニを操る

    前出のブログで、ヤニ台のことに触れましたが、このヤニを使いこなすための道具は職人さん各自違っている…

    ヤニを操る
  6. 2007.02.4

    美肌を保つために

    こんにちは!工程管理担当の金原です。あっという間に1月が終わって2月ですね!でもまだまだ寒くて乾…

    美肌を保つために
  7. 2009.08.7

    デジタルノギス

    昔から制作中のリングなどの幅、厚みを測る道具として「ノギス」というものがありました。それがアナロ…

    デジタルノギス
  8. やすりの使い始め

    2010.02.23

    やすりの使い始め

    たぶん、一番多くの場面で使われている、やすりは平やすりでしょう。工具店で新しく購入した、中目の平…

    やすりの使い始め
  9. アフリカの熱帯雨林地域産オバンコールの魅力【1/f エフブンノイチ 工房だより】

    2018.10.6

    アフリカの熱帯雨林地域産オバンコールの魅力【1/f エフブンノイチ 工…

    木材についての好みは様々なものが有ると思いますが木目の美しさとして見ると個人的には「オバンコ…

    アフリカの熱帯雨林地域産オバンコールの魅力【1/f エフブンノイチ 工房だより】

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。