プラチナジュエリーに使われることが多いPt950とPt900では

何がどうちがうか、知っていますか?

特に、大事な結婚指輪を選ぶ時には、

知っているとかなり役立ちますよ!

プラチナインゴット

純プラチナでも
純度100%はありません。
なので、正式なジュエリーや硬貨の刻印はすべて999です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結論からお伝えすると、

Pt950とPt900では

生い立ちや素材の種類がだいぶ異なっています。

 

これだけだと、なんのことかよくわからないと思うので、

詳しくお話しますね。

 

20世紀、つまり、1999年までは

日本のジュエリーに使われている多くのプラチナは、

Pt900

でした。

つまり、歴史があります。

 

 

Pt900は、純プラチナ(純度99.95%以上)が90%入っていて、

残りの10%に他の金属が使われています。

 

良心的な販売をしている多くの会社は、

特にファッションジュエリー用として、

だいたいPt900を使っていました。

 

そして、純プラチナ以外の金属として、

パラジウムを使用しています。

 

パラジウムはプラチナと同じ白金族元素の貴金属で、

希少性が高い素材です。

 

実は、このブログ記事を書いている時点では、

プラチナよりもパラジウムの方が高いんです(^ー^)

 

一般的にメインの貴金属以外の素材を

価格を下げるための混ぜものとして勘違いしている方も少なくないのですが、

違います。

 

混ぜるのには、混ぜたほうが良い理由があるし、

混ぜものとなる金属は、

メインの貴金属よりも価格や価値が低いとは限らないのです。

 

Pt900に対して、日本でのPt950の一般的なジュエリーショップでの歴史はかなり新しいものになります。

 

そのためも有りPt900は、

ジュエリーを作ったり、販売したりする

多くの会社で共通の素材で作られるのに対して、

Pt950は、純プラチナ以外に使う素材が各社でまちまちなのです。

 

”純プラチナ95%に対しての
残りの5%なんて
緒でも違っていても価格も変わらないし、興味ないや”

と思った方は損をするかもしれません。

 

特に結婚指輪のように長く良い状態で大事にしたい指輪として

購入検討している方は知っておいたほうが良い情報があります。

 

Pt950(プラチナ950)の

プラチナ以外の素材により、

傷がついたり、圧力がかかった際に曲がってしまう度合い、

つまり大雑把にいう『強度』がとっても違ってくるのです。

 

プラチナは、非常に柔らかい金属で

純プラチナのままだと

指輪として着けていてすぐに曲がってしまうほどです。

 

となると、

一般的に考えてPt900の方が

Pt950よりも硬いので、

その点では良いことになりますよね?

 

そのとおりです。

 

でも、Pt900でさえ、

使っていると悲惨な状態になることがあります(T_T)

 

にも関わらず、結婚指輪を始めとした

婚約指輪などの大事な記念のジュエリーには

ピュアなイメージが良いので、

より純度の高いプラチナを求める方も多くいらっしゃいます。

 

そこで、Pt950でも強いプラチナが求められるのです!!

 

わずか5%ですが、

実は0.1%でさえ、

強さを含めたいろいろな特徴が変わるのが貴金属合金です。

 

弱~~いPt950もあれば、

Pt900よりも硬いPt950もできるのです。

 

お客さまが購入された後に

あそこで買ってよかったと分かるのはだいぶ後かもしれません。

 

でも、わずか5%に情熱を傾けて、

大事な記念の結晶にふさわしい強度を持ったPt950をを開発したいと考えた

1/f エフブンノイチでは、

約10年間 研究を続け、

都立産業技術研究センター(※1)で私たちが調査していただいた範囲では

最も丈夫なPt950となりました。

東京都立産業技術研究センター外観

1/f エフブンノイチ(株式会社イング)の世界最高水準の強度をもつプラチナ(Pt950)の開発を応援してくれた公的機関です。

 

実に、Pt900の約2.2倍(※2)の強度を持つPt950です。

産技研荷重試験結果_Pt950表紙

東京都立産業技術研究センターでの地金試験結果報告書

日本最大手の貴金属メーカーやその他の会社でもハードプラチナを販売していますが、

それらのプラチナも都立産業技術研究センターに順次持ち込み、

傷の付きやすさ(Hv)検査

圧力に対しての曲がり度合い検査(荷重試験(圧縮試験))

をしていただきつつ、

自社工房で改良を繰り返した結果、

開発に成功した、

おそらく鋳造品としては

世界最高水準の強さをもっているのが

1/f エフブンノイチのPt950プラチナ指輪なのです。

東京都立産業技術研究センタープラチナ強度試験結果

東京都立産業技術研究センターによる荷重試験の結果、他社の鍛金よりも1/f エフブンノイチの鋳造Pt950の方が強いことが証明されました。

実は開店してしばらくの間は、

Pt900で製作していたため、

正直、変形や宝石の緩みの修理をお受けすることもあります。

でも、

Pt950にしてからはありません。

ジュエリーとしては、

一般的に最もハードな使用条件となる

結婚指輪の素材として、いかに適しているかを現していると思います。

東京都立産業技術研究センタープラチナ強度試験結果グラフ

グラフにある通り、公的機関による荷重試験の結果、他社の鍛金よりも1/f エフブンノイチの鋳造Pt950の方が強いことが証明されました。

 

 

※1 都立産業技術研究センター

東京都の公的機関。各種技術開発、研究支援や調査を行っています。

お台場にあり、ゆりかもめの『テレコムセンター』駅すぐそばにある大きな建物で、ゆりかもめの線路を対角線に挟んで大江戸温泉物語があります(^ー^)

Pt950に限らず、ジュエリーのあらゆる地金の研究や仕様(幅や厚み)の違いによる強度の違いや、

エタニティリングのように宝石がが一周入るために

穴がたくさん開くようなデザインでは強度がどうなるかなどを、

何十回も公的機関で確認した企業は数少ないと思います。

それ以外にも、

1/f エフブンノイチを運営する株式会社イングはいろいろな面でお世話になっており、

都立産業技術研究センターでは顔なじみの存在です^ – ^ /

 

※2 荷重試験(圧縮試験)結果

都立産業技術研究センターで、1/f エフブンノイチの商品名『冴 sae 3.5mm』での試験結果

Pt900 平均77  

Pt950 平均173

  数値の単位[N]

 

関連記事

  1. 『1/f Ginza Animal Planet』

    2013.04.22

    『1/f Ginza Animal Planet』

    もうすぐ、1/f に新しいショップが加わります。『1/f Ginza Animal Planet…

    『1/f Ginza Animal Planet』
  2. 1970.01.1

    紅白の梅

    2009年01月24日こんにちは。 オーナーの武田です。隅田川付近にある役所にハ…

    紅白の梅
  3. 2010.04.11

    春爛漫 桜づくし

    みなさん、こんにちは。春ですね。 本当に素敵な季節になりました。みなさんも桜を堪能されていると…

    春爛漫 桜づくし
  4. 2009.02.10

    猫釜

    こんにちは。 オーナーの武田です。あっという間に2月も上旬を過ぎてしまったと言う感じです。この…

    猫釜
  5. 2009.01.29

    孤高のアート・グリーン

    自宅のそばを隅田川方向に向かう散歩の途中にちょっとした驚きの植物に出会いました。以前、歩道の間か…

    孤高のアート・グリーン
  6. 今日3.11の日に。

    2012.03.11

    今日3.11の日に。

    今、3月11日の15時を回り、東日本大震災からちょうど1年を過ぎました。東日本大震災1周年追悼式…

    今日3.11の日に。
  7. 1970.01.1

    割り箸を使わない㈰

    2007年03月09日(株)イングのCEO武田正明です。私は、割り箸を使わないた…

    割り箸を使わない㈰
  8. 2008.08.14

    台東区新製品新技術開発支援助成獲得

    こんにちは。 オーナーの武田です。4月にお話した当社オリジナルの新貴金属“プラチナゴールド”が台…

    台東区新製品新技術開発支援助成獲得
  9. 1970.01.1

    地金へのこだわり(2)

    2008年04月11日こんにちは。 オーナーの武田です。地金にこだわり、地金高騰…

    地金へのこだわり(2)

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。