※1 お元気様です!
『木の指輪』&『記念の結晶』クリエーターの武田です。

 

ほんとうの挨拶(あいさつ)を改めて考えました。

 

今日電車で移動中に、スマホに電話が入りました。

私のスマホの番号は、店頭に貼り出してあり、

誰でも掛けられるようにしてあるので、

お客さまの可能性も勿論あります。

 

だから、車中でしたが、

他の乗客に迷惑にならないように、

ドアにピッタリ付いた状態で電話に出ました。

 

相手は、取引先の金融機関担当者でした。

 

「担当が私から他の者に変わることになりまして、

”挨拶”で、今、お店の前まで来ているんですが」

 

「今、電車の中なんです。」

一切他の乗客には聞こえず、

電話の相手にだけ聞こえる声音に配慮して答えました。

 

相手「そうですか。 会社内に誰もいないんでしょうか?」

私「いますよ。 ただ、私はすぐには戻れません」

相手「わかりました。 では、会社の方に電話をしてみます。
   次の担当者も一緒なもので」

そして、すぐにプツッと切れました。

 

普段、私以外誰とも接点がないのに、この担当者は何をしたいのでしょう。

形だけ『取引先訪問をして、次の担当者を紹介した』

という事実だけを残したいようにしか思えません。

 

 

勿論全員ではないですが、

金融機関の担当者は予約をせず、

突然来社し、

「”挨拶”にきました。 社長いますか?」と

スタッフに伝えるケースが非常に多いです。

 

一般的に、きちんとした挨拶ができれば

社会人として一人前と言われます。

 

それは、人間が社会的動物だからですよね。

ちょっと、話が飛ぶかもしれませんが、

『一番のいじめは誰からも相手にされないこと』というのを聞いたことがあります。

 

私は自然が好きなので、

良く大自然の森や木々、草原、時には断崖絶壁で暮らす

野生の動物のドキュメンタリーを見ます。

 

すると、彼らは(下手な人間以上に)”挨拶”をしっかりしあっています。

人間だけが社会的な動物ではないんですね。

 

 

そんなことで、

改めて人間の”挨拶”について考えさせられました。

 

この金融機関担当者は、

自身では、「挨拶」に来たと言っています。

 

しかし、私が考える”挨拶”は以下なので、

この人は全く挨拶をしていないことになります (^ー^)

マスコットのスピッツ・ハリー&元野良の寅さんが心をこめた挨拶でお出迎え

マスコットのスピッツ・ハリー&元野良の寅さんが心をこめた挨拶でお出迎え。 
挨拶はこうでないとね。

【挨拶】

出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)「挨」は押す、「拶」は迫る意で、本来、禅家で門下の僧に押し問答して、その悟りの深浅を試すこと》

 人に会ったときや別れるときなどに取り交わす礼にかなった動作や言葉。「挨拶を交わす」「時候の挨拶」

 会合の席や集会で、改まって祝意や謝意などを述べること。また、その言葉。「来賓が挨拶する」

 相手に対して敬意や謝意などを表すこと。また、その動作や言葉。「転勤の挨拶」「なんの挨拶もない」

 

他の解釈もありますが、上の3つが代表的な『挨拶』の定義です。

今回の担当者は、大事な要素がすべてありません。

 

私を筆頭に、

お客さまに接するとき、

真心込めて、ほんとうの”挨拶”ができる

1/f エフブンノイチでありたいと改めて思いました。

 

今回それを教えてくれた担当者に感謝!  _!!_ 合掌

 

 

 

※1: お元気様です!
人間は日々発する言葉に気づかない内に左右されています。
「お疲れ様です」「お疲れ~っす!」と「疲れ」を連発していると、
脳はどんどん「疲れ」というイメージを溜め込み、
実際に体がそれにふさわしい状態になって行きます。
だから、株式会社イングでは帰る時や遅い時間以外は
「お疲れ様」は使わず、
「お元気様です!」と元気に明るく言うことにしています。

こちらのブログでは、これを使わせていただきます。

関連記事

  1. 百日紅バージョンの気×木の指輪『年輪』完成!【記念日の指輪 1/f エフブンノイチ】

    2018.09.4

    百日紅バージョンの気×木の指輪『年輪』完成!【記念日の指輪 1/f エ…

    【一客一新】(※1)で、百日紅(サルスベリ)の花がお好きなお客さまの要望にお応えした…

    百日紅バージョンの気×木の指輪『年輪』完成!【記念日の指輪 1/f エフブンノイチ】
  2. 2007.04.3

    割り箸を使わない?

    (株)イングのCEO武田正明です。私は「マイ箸」を使う時、こんな工夫をしています。食べ終わった…

    割り箸を使わない?
  3. 2011.12.31

    2011年最終日

    皆さん、今年1年本当にありがとうございました。この「皆さん」には、勿論1/f にてジュエリーをお…

    2011年最終日
  4. 2009.02.10

    猫釜

    こんにちは。 オーナーの武田です。あっという間に2月も上旬を過ぎてしまったと言う感じです。この…

    猫釜
  5. 1970.01.1

    イングの歴史と思い出3

    2008年05月13日こんにちは。 オーナーの武田です。実は、ヴィ−ナスセッティ…

    イングの歴史と思い出3
  6. 1970.01.1

    仕事納め

    2009年01月29日こんにちは。 オーナーの武田です。今年の1/f 営業も昨日…

    仕事納め
  7. 2019年を成功させるための偉大なヒント【記念の結晶 1/f エフブンノイチ】

    2018.12.21

    2019年を成功させるための偉大なヒント【記念の結晶 1/f エフブン…

    今日は朝目覚めが良く、マスコット犬のハリーと猫の寅さんに挨拶したあと、30分間の瞑想…

    2019年を成功させるための偉大なヒント【記念の結晶 1/f エフブンノイチ】
  8. 2009.07.4

    真の誇りとおもてなし(2)

    一方、今年の4月に、有名シティホテルの残念な応対を続けて体験しました。 名前は一応伏せますが、1…

    真の誇りとおもてなし(2)
  9. おもてなしの宿

    1970.01.1

    おもてなしの宿

    2008年07月11日こんにちは。 オーナーの武田です。少し前になりますが、本当…

    おもてなしの宿

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。