f:id:f1-jewel:20130907112436j:image

こんにちは、クラフトパーソンの鈴木です。

 

ジュエリー制作においては主に時計職人が使用している道具を

用いる作業もかなりあります。

 

以前にご紹介した「実体顕微鏡」もそのひとつですし、

今回写真にある「キズミ」もそのひとつです。

 

なぜ「キズミ」と呼ぶか?と言うと、

これは「傷を見る」→省略形として「傷見」と変化しました。

 

ヘッドルーペよりも細かい箇所の検品に用いるものとして使用しますが、

時計職人の方が使用される際には、部品の組み立てのときです。

 

そして、私がこのキズミを用いるときはメレダイヤをセッティングするときです。

 

私はメガネを標準装備としておりますので、そのメガネのフレームに

キズミに付属しているクリップで固定し、手で持たなくても拡大した状態で

作業箇所を見ることができますし、また両手が作業に使えるので

非常に効率良く石留を行うことが可能になります。

 

メガネをされない方用のものとしては頭全体にワイヤーを巻きつけて

固定するタイプのものも販売されてますね。

 

ふたつのものが写真にはありますが、倍率が違っていて、

それぞれを相応しい場面で使い分けします。

これは本当に優れもので考えだした人に拍手を贈りたいくらいのものなんですよ!

 

クラフトグループ 鈴木 誠

関連記事

  1. 2010.01.28

    ハンドサンダー

    貴金属の成形をヤスリで行った後に、ギザギザしたヤスリ目が残っている地金表面をきれいに研磨するための…

    ハンドサンダー
  2. 2009.04.17

    ブローパイプバーナー

    これは都市ガスと空気を火口に送り、金属を溶接(ロー付け)したり、焼鈍しをするための道具です。現在…

    ブローパイプバーナー
  3. 2008.04.4

    4月ですね~

    みなさん、こんにちは!制作グループの吉丸です。いやぁ~4月ですね~。暖かくなってきましたね~。そ…

    4月ですね~
  4. 2008.08.7

    サンダル生活2008・夏

    みなさんこんにちは!制作グループの吉丸です。※イメージ画像毎日暑いですねぇ~みなさんいかがお…

    サンダル生活2008・夏
  5. 「余分なものは・・・」

    2013.01.20

    「余分なものは・・・」

    こんにちは、クラフトパーソンの鈴木です。写真に見えるものはガスバーナーで、ロー付け加工(溶…

    「余分なものは・・・」
  6. 2010.01.23

    六角ルーペ

    ジュエリー制作者にとって、ルーペは必需品中の必需品です。作業終了後、これで加工した箇所の不具合が…

    六角ルーペ
  7. 2007.02.9

    鋳型焼成用電気炉

    こんにちは、制作の鈴木です。今回ご紹介する工具(と言うよりは機械ですが)は、「鋳型焼成用電気炉…

    鋳型焼成用電気炉
  8. プラチナの溶解

    2013.03.23

    プラチナの溶解

    こんにちは、クラフトパーソンの鈴木です。写真に映る煙は何だと思われるでしょうか?これはプラ…

    プラチナの溶解
  9. 2009.06.23

    すり板 on the 木台

    一般的なジュエリー製作用机は写真のように弧を描く大きな凹みのカーブ中央に「すり板」と呼ばれる、ヤ…

    すり板 on the 木台

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。