f:id:f1-jewel:20130907112436j:image

こんにちは、クラフトパーソンの鈴木です。

 

ジュエリー制作においては主に時計職人が使用している道具を

用いる作業もかなりあります。

 

以前にご紹介した「実体顕微鏡」もそのひとつですし、

今回写真にある「キズミ」もそのひとつです。

 

なぜ「キズミ」と呼ぶか?と言うと、

これは「傷を見る」→省略形として「傷見」と変化しました。

 

ヘッドルーペよりも細かい箇所の検品に用いるものとして使用しますが、

時計職人の方が使用される際には、部品の組み立てのときです。

 

そして、私がこのキズミを用いるときはメレダイヤをセッティングするときです。

 

私はメガネを標準装備としておりますので、そのメガネのフレームに

キズミに付属しているクリップで固定し、手で持たなくても拡大した状態で

作業箇所を見ることができますし、また両手が作業に使えるので

非常に効率良く石留を行うことが可能になります。

 

メガネをされない方用のものとしては頭全体にワイヤーを巻きつけて

固定するタイプのものも販売されてますね。

 

ふたつのものが写真にはありますが、倍率が違っていて、

それぞれを相応しい場面で使い分けします。

これは本当に優れもので考えだした人に拍手を贈りたいくらいのものなんですよ!

 

クラフトグループ 鈴木 誠

関連記事

  1. 2008.03.4

    春野菜の天麩羅

    みなさん、こんにちは!制作グループの吉丸です。ひさしぶりに書きます!何で今までずっと書いてなか…

    春野菜の天麩羅
  2. 2008.08.7

    サンダル生活2008・夏

    みなさんこんにちは!制作グループの吉丸です。※イメージ画像毎日暑いですねぇ~みなさんいかがお…

    サンダル生活2008・夏
  3. 2010.03.5

    水仕事

    冬場の寒い日の水仕事はつらいですね。じつは鋳造の作業で鋳型を作るための最初の作業として「ツリー…

    水仕事
  4. 2009.12.17

    すり板の先端部

    ジュエリー制作を行う目的の机には必ず取り付けられていると言っても過言でないものが「すり板」と呼ばれ…

    すり板の先端部
  5. 「道具感覚を鍛えること」

    2012.12.1

    「道具感覚を鍛えること」

    こんにちは、クラフトマンの鈴木です。写真に写っているものは何でしょうか?これは鉄製のボウル…

    「道具感覚を鍛えること」
  6. 自筆刻印サービス

    2007.02.3

    自筆刻印サービス

    はじめまして。制作スタッフの藤本です。これから私が担当している作業の中の1つ【文字彫刻】…

    自筆刻印サービス
  7. 2009.04.1

    手押し鏨

    この工具は手押し鏨(たがね)と呼ばれているもので、先端部分を自分で加工して小さなメレダイヤをセッ…

    手押し鏨
  8. 2008.07.5

    クラフトマン募集中(3)

    こんにちは♪制作グループの藤本です。制作グループのスタッフがこのブログで何度かお話させて頂いた…

    クラフトマン募集中(3)
  9. 2009.09.29

    サイズ棒&芯金

    洋服を買う時に自分に合うサイズのものを購入することは当然ですが、それと同様に指輪にもサイズがあり…

    サイズ棒&芯金

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。