f:id:f1-jewel:20130907112436j:image

こんにちは、クラフトパーソンの鈴木です。

 

ジュエリー制作においては主に時計職人が使用している道具を

用いる作業もかなりあります。

 

以前にご紹介した「実体顕微鏡」もそのひとつですし、

今回写真にある「キズミ」もそのひとつです。

 

なぜ「キズミ」と呼ぶか?と言うと、

これは「傷を見る」→省略形として「傷見」と変化しました。

 

ヘッドルーペよりも細かい箇所の検品に用いるものとして使用しますが、

時計職人の方が使用される際には、部品の組み立てのときです。

 

そして、私がこのキズミを用いるときはメレダイヤをセッティングするときです。

 

私はメガネを標準装備としておりますので、そのメガネのフレームに

キズミに付属しているクリップで固定し、手で持たなくても拡大した状態で

作業箇所を見ることができますし、また両手が作業に使えるので

非常に効率良く石留を行うことが可能になります。

 

メガネをされない方用のものとしては頭全体にワイヤーを巻きつけて

固定するタイプのものも販売されてますね。

 

ふたつのものが写真にはありますが、倍率が違っていて、

それぞれを相応しい場面で使い分けします。

これは本当に優れもので考えだした人に拍手を贈りたいくらいのものなんですよ!

 

クラフトグループ 鈴木 誠

関連記事

  1. 2009.10.10

    休暇前の工具の手入れ

    普段、使用している工具の数々は、鉄製のものが多いので使用頻度が多ければ手の脂によって錆びることはな…

    休暇前の工具の手入れ
  2. 「道具感覚を鍛えること」

    2012.12.1

    「道具感覚を鍛えること」

    こんにちは、クラフトマンの鈴木です。写真に写っているものは何でしょうか?これは鉄製のボウル…

    「道具感覚を鍛えること」
  3. 2009.07.3

    グラインダー

    ジュエリー制作に関する工具は鉄製そして「焼が入っている鋼(ハガネ)」のものが多くあります。一旦、…

    グラインダー
  4. 2006.12.16

    仕上げの醍醐味

    皆さん、こんにちわ!本社(上野)工房にて「仕上げ」を担当しております吉丸と申します。どうぞよろ…

    仕上げの醍醐味
  5. 2009.01.17

    やっとこ(2)

    「制作」担当の鈴木です。これまでの「1/f 日記」から、完全に独立した形で「工房ブログ」として再…

    やっとこ(2)
  6. 2008.07.5

    クラフトマン募集中(3)

    こんにちは♪制作グループの藤本です。制作グループのスタッフがこのブログで何度かお話させて頂いた…

    クラフトマン募集中(3)
  7. リングサイズ整型器

    2013.05.18

    リングサイズ整型器

    こんにちは、クラフトパーソンの鈴木です。最近はお客様のリングサイズについて0.5番刻みで対応…

    リングサイズ整型器
  8. 長い付き合いの工具

    2013.04.5

    長い付き合いの工具

    こんにちは、クラフトパーソンの鈴木です。年季の入った金槌が写真に映っていますね。これは正式…

    長い付き合いの工具
  9. 古典的工具キサゲ

    2013.04.20

    古典的工具キサゲ

    こんにちは、クラフトパーソンの鈴木です。砥石を用いて研ぎあげている工具は「キサゲ」というもの…

    古典的工具キサゲ

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。