お客様の要望と言うのは、

自分たちが勝手に思い描くものとは全く違うと言うことを

日々の接客の中で教えていただけますね。

 

『年輪』は相変わらずありきたりの指輪では満足できない方が

一生懸命Web検索して探し当てていただいています。

 

ただ年輪に対してのご希望はさまざまで、

『木』と言うものが持っている多様性と奥深さを感じます。

今回は、男性がズバリ「木の指輪」と検索して

『年輪』を求めて、

1/f エフブンノイチに来店してくださったカップルのお話です。

 

来店したときに何か楽器が入っているような黒いケースを肩から下げておられたので、

「なんですか?」とお聞きすると、

バイオリンで、この後、練習に行かれるとのこと。

 

バイオリンの最高級弓素材はペルナンブコ

バイオリンの最高級弓素材はペルナンブコ

 

バイオリンの最高級弓素材はペルナンブコ
年輪のご説明の後、

展開している木の種類をいろいろ見ていただいた後、

【一客一新】(※1)のお話をすると、

”待っていました!”と言わんばかりに

「”ペルナンブコ(※2)”で作りたいんです!」と言われました。

 

私は、全く聞いたこともないその単語に、

一瞬それが木の名前ということすら気づきませんでした。

お話をお聞きすると、

それはバイオリンの弓の素材として使われていて、

とても良い音を出せる木だそうです。

 

その場で、iPadでペルナンブコを検索すると

他の木にはない素晴らしい特性を持っているということがわかりました。

数多くある木種の中でも、

音を反響させる性質が最高レベルと言うことです。

 

そのために、奏者は弓を軽く弦に当てるだけでも音をしっかりと出すことができ、

繊細な表現ができるらしいのです。

 

 

ペルナンブコは比較的手には入りやすい木ではあるようですが、

楽器メーカー等の特別なルートでしか流通していないようでした。

 

そうしたことをお客様と話し合っている中で、

1年に1回バイオリンの調整をしてもらっている気心の知れた楽器屋さんがあるので、

そこにペルナンブコの提供を依頼をしてみますと言ってくださいました。

 

それでは、是非お願いしますと言うことになり、

今回の【一客一新】は、初のお客様と1/f エフブンノイチとの

素材調達コラボレーションで進むことになりました。

 

このペルナンブコはかつて、

染料としてブラジルからヨーロッパに輸入されたほど、

赤みが濃い木で、

その樹液は水で簡単に溶け出すことが

染料として重宝されたようです。

 

後からのことになりますが、

そのことを伝えていなかった工房スタッフからは、

加工中に赤い色がどんどん出てくるので、

「この木、染めてあるんじゃないですか?」と

私に聞いてきたくらいです。

 

一方で赤みのないところは、

ほぼ真っ白と言う極端なツートンカラーの木目もあり、

ゼブラウットとはまた違ったバイカラーを示しています。

 

非常に硬い木なので、

年輪にする際の加工に苦労していますが、

お二人の気持ちをしっかり受け止め、

形にするのが、

『記念の結晶』クリエーターである私の仕事です。

 

工房スタッフと力合わせて、

世界で初めての記念の結晶を生み出したいと思います。

出来上がったら、

ここで紹介しますね!

※1 一客一新:
一期一会の気持ちで、
目の前のお客様が一番喜ばれる、
そのお客様が世界で一番最初だったり、
オンリーワンだったりするサービスを
ご希望のご予算で実現したいという
コンセプトを表す武田正明作の言葉。

※2 ペルナンブコ:

総 称 名  ブラジルウッド
学   名  Caesalpinia echinata
産   地  ブラジル
科   目  マメ科
比   重  気乾比重 1.20~1.28  広葉樹

 

 

 

 

 産 地

 ブラジル東沿岸部のバヒアから南の森林に生息する。
別   名  ペルナンブーコ、フェルナンブコ、パラウッド、バイアウッド、パウブラジル、ブラジレット、ブラジルアイアンウッド
外   観 心材は明るい橙色から、深みのある濃色の暗赤色まで豊かに揃っている。濃赤褐色の変化に富んだ大理石模様の杢を持っており、そのなかにところどころピンノットがある。。(ピンノット‥節のなかでも枝が生きている間に幹に取り込まれたものを生き節と言い、組織はつながっている。その小さなものをピンノット(葉節)と呼ぶ)木理が通直なことで選択される場合が多いが、しばしば交差している。肌目は凝縮されており、精で滑らかで均一である。天然の光沢がある。
主要特性 非常に重厚な木材で、劣化をさけるために乾燥は時間をかけて行う必要があるが、乾燥後は非常に安定している。あらゆる基準で高い強度を誇るが、蒸し曲げには適さない。加工は時に困難で、刃先を鈍磨させる性質が強いため、つねに刃先は鋭く研磨しておく必要がある。
しかし切削仕上がりは良い。釘打ちには下穴が必要であるが、ネジの着性は良い。耐久性は非常に高く、接着性も良い。非常に滑らかで光沢のある輝度の高い表面仕上げを得ることができ、またしばしばヘビのような波紋杢があらわれているものもある。虫や真菌の害に対しては、耐性がある。
用   途 染料を採るための木材として広く世界中に知られているが、その比重、柔軟性、強度、弾性のため、バイオリンの弓の材料として最適と賞讃されている。また装飾品用ろくろ細工や、ピストル、ライフルの銃床の材料としても人気が高い。

参考資料:世界木材図鑑(産調出版)
木材活用ハンドブック(産調出版)
熱帯の有用樹種(大日本山林会)

 

気×木の指輪『年輪』公式サイトへ

関連記事

  1. 1970.01.1

    割り箸を使わない㈰

    2007年03月09日(株)イングのCEO武田正明です。私は、割り箸を使わないた…

    割り箸を使わない㈰
  2. 『記念の結晶』のために生まれた、”奇跡のプラチナ”!【職人魂】 

    2018.05.4

    『記念の結晶』のために生まれた、”奇跡のプラチナ”!【職人魂】 

    皆さんは、プラチナという貴金属のことをどれくらい知っていますか?身近な金属に…

    『記念の結晶』のために生まれた、”奇跡のプラチナ”!【職人魂】 
  3. 2008.08.27

    蓮見茶屋

    こんにちは。 オーナーの武田です。先日、上野不忍池畔に夏の短い期間だけ出来上がる「蓮見茶屋」に行…

    蓮見茶屋
  4. 夏を告げる小さなゲスト

    2011.07.10

    夏を告げる小さなゲスト

    私は雨の激しい日以外は、ハリーと一緒に徒歩で会社に向かいます。その途中、子供の頃はなんとも思わな…

    夏を告げる小さなゲスト
  5. 2009.03.13

    月刊「Wan」取材

    こんにちは。 オーナーの武田です。今日、月刊「Wan」という雑誌の取材を受けました。正確に言うと…

    月刊「Wan」取材
  6. 2008.08.28

    浅草寺

    こんにちは。 オーナーの武田です。私は上野と浅草の中間辺りに住んでいます。浅草は浅草寺のおかげ…

    浅草寺
  7. 2008.12.25

    リングアイディアコンテスト表彰式

    こんにちは。 オーナーの武田です。今日は、角川クロスメディアWeddingWalkerと共催した…

    リングアイディアコンテスト表彰式
  8. 環境MVP受賞

    1970.01.1

    環境MVP受賞

    2008年12月16日こんにちは。 オーナーの武田です。12月13日(土)朝から…

    環境MVP受賞
  9. 2009.04.6

    皆の桜

    こんにちは。 オーナーの武田です。桜が満開ですね。私は毎日結構遅くまで仕事をしているのですが、…

    皆の桜

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。