f:id:f1-jewel:20130324190045j:image

こんにちは、クラフトパーソンの鈴木です。

写真に映る煙は何だと思われるでしょうか?

これはプラチナを溶解している時に出る煙です。

プラチナが溶けているところを本当は写真に撮りたいとは思うのですが

溶けている時は、まるで照りつける太陽の光を見るのと同じくらいに地金は発光します。

そのため撮影は非常に困難な状態なので、立ち昇る煙を撮影しました。

プラチナ以外の貴金属地金(割金を含んだもの)は溶解した後には酸化してしまい

素材によって表面が黒くなったり、白濁したりと本来の光沢は全くなくなってしまいます。(その後、地金表面を研磨して本来の光沢に戻します)

しかしプラチナは全く酸化しないので何度溶解しても本来の光沢が保たれます。

この性質を利用したジュエリーの製品は各パーツを研磨した後にロー付け加工によって組み立ててゆく「寄せもの」というものです。

このプラチナの「寄せもの」の加工品はロー付け加工の事前にパーツを細部に至るまで研磨してあるので、一般的ジュエリー制作に用いられる鋳造品の研磨では手の届かない箇所まで光沢があり、さらに何度火を入れてロー付けしても最後まで、その光沢が残ります。

この作り方のファンの方はプラチナジュエリーを深くご存知の方が多いですね。

完成したものを見ると、その完成度の高さに緊張感があり、それを装着される方は

「背筋が伸びるような気持ちになるね!」と表現される方も居られます。

まさにプラチナならではの良さが反映されるのです。

人は秀逸な美しさのあるものを身につけるときに、自身もその美しさに追いつこうとするために、その人の「人となり」までが成長する。

ということを聞いたことがあります。

年配の女性が、とても上手にジュエリーを着けこなして居られる方が多いのは、

このような理由からかもしれません。

クラフトグループ 鈴木 誠

関連記事

  1. 2009.06.12

    金切り鋏

    これは見て頂いた通りの鋏です。△金切り鋏しかも貴金属の板材を切る専用のもの。普通の鋏は刃の…

    金切り鋏
  2. 木の精を感じる時【1/f エフブンノイチ 工房だより】

    2018.09.30

    木の精を感じる時【1/f エフブンノイチ 工房だより】

    「年輪」制作途中の刻印を入れるところの写真です。日頃、木を素材と…

    木の精を感じる時【1/f エフブンノイチ 工房だより】
  3. 2009.02.28

    ピンセットの手入れ

    極々小さなパーツ、直径1.0mm前後のメレダイヤなどを加工の最中に摘み、必要な箇所にセッティング…

    ピンセットの手入れ
  4. 効果的な製法選択

    2012.12.23

    効果的な製法選択

    こんにちは、クラフトパーソンの鈴木です。写真に見えるものは「ロー付け作業」を行う工具類です。…

    効果的な製法選択
  5. 2009.12.17

    すり板の先端部

    ジュエリー制作を行う目的の机には必ず取り付けられていると言っても過言でないものが「すり板」と呼ばれ…

    すり板の先端部
  6. 2009.08.27

    糸磨き

    完成したジュエリーの細部を見てみると、非常に狭い隙間があり、さらにその部分まできれいに磨かれている…

    糸磨き
  7. 2009.08.4

    手万力

    ジュエリーの加工を行っていると、手で持って固定して、ヤスリなどを用いて成形するには、あまりにも持ち…

    手万力
  8. 2010.01.9

    一品物コラボレーション・プロジェクト始動!

    新年明けましておめでとうございます。2010年最初の記事としまして、新しい企画をご紹介したいと思…

    一品物コラボレーション・プロジェクト始動!
  9. 2007.07.27

    ハニーゴールド

    こんにちは、制作の鈴木です。今回は当社開発の地金「ハニーゴールド」について、お話させて頂きます。…

    ハニーゴールド

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。