熱そう~! そう、熱いんです、900℃もあります。

プラチナ用鋳型

これは、これから溶けたプラチナを流し込む前の鋳型と呼ばれるもの。

すり鉢状の形の注ぎ口が見えますね、ここに溶けたプラチナを流し込み、一瞬後に空気圧を掛けて地金を鋳型内部に押し込みます。そして、地金が凝固してから鋳型を冷水に浸けて、型をバラして、内部の鋳造された研磨される前のジュエリーを取り出します。

鋳造直後

この溶けた地金を流し込むときのタイミング、温度などが少しでも相応しくない状況で流し込まれると、非常に状態の悪い地金になってしまい、充分に研磨しても光らないプラチナになってしまいます。特に当店で販売されているハードタイププラチナ950の望ましい鋳造方法を編み出すまでには苦労しました。

なにしろ当店オリジナルの金属素材ですので、誰にも方法論を質問することができず、試行錯誤の実験の積み重ねの日々だったのです。しかし、この素材で鋳造が成功したときは嬉しかったのなんの・・・なぜなら、御客様にそれまで以上の自信を持って充分な強度のある、そして高品位のプラチナジュエリーを提供できることになったからです。

このことからも仕事においては地道に努力し、研究し続けることの大切さが分ります。プラチナから人生を学んだ感じがしました。

工房 鈴木

関連記事

  1. アフリカの熱帯雨林地域産オバンコールの魅力【1/f エフブンノイチ 工房だより】

    2018.10.6

    アフリカの熱帯雨林地域産オバンコールの魅力【1/f エフブンノイチ 工…

    木材についての好みは様々なものが有ると思いますが木目の美しさとして見ると個人的には「オバンコ…

    アフリカの熱帯雨林地域産オバンコールの魅力【1/f エフブンノイチ 工房だより】
  2. 2006.11.14

    やっとこ(1)

    皆さま、こんにちは。工房にてジュエリー制作を担当しております鈴木と申します。ジュエリーを創る…

    やっとこ(1)
  3. 2009.09.17

    溶接用眼鏡

    △溶接用眼鏡(その1)ちょっと見ると、サングラスかな?と思える、この眼鏡。これは溶接用の眼鏡…

    溶接用眼鏡
  4. 「余分なものは・・・」

    2013.01.20

    「余分なものは・・・」

    こんにちは、クラフトパーソンの鈴木です。写真に見えるものはガスバーナーで、ロー付け加工(溶…

    「余分なものは・・・」
  5. 2009.03.27

    銀地金インゴット

    前々回のブログで真っ赤に溶けている銀地金の写真を掲載致しましたが今回はその地金がインゴットになっ…

    銀地金インゴット
  6. 2007.01.23

    ジュエリーとCAD?

    こんにちわ!CADデザイナーの荒井です。だいぶ間が空きましたが、前回の『ジュエリーとCAD?』…

    ジュエリーとCAD?
  7. 2009.08.7

    デジタルノギス

    昔から制作中のリングなどの幅、厚みを測る道具として「ノギス」というものがありました。それがアナロ…

    デジタルノギス
  8. 2009.10.22

    木工やすり&木鏨

    貴金属で出来ているジュエリーの制作用工具として、なぜ木工用のものを使うのでしょうか?これは右側…

    木工やすり&木鏨
  9. リングサイズ整型器

    2013.05.18

    リングサイズ整型器

    こんにちは、クラフトパーソンの鈴木です。最近はお客様のリングサイズについて0.5番刻みで対応…

    リングサイズ整型器

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。