新年明けましておめでとうございます。

2010年最初の記事としまして、新しい企画をご紹介したいと思います。

現在、1/f 銀座店にて、個性豊かなジュエリークリエイター達の「一品物」と宝飾業界で呼ばれている、まさに世に一つしかないジュエリーの展示販売を行っております。そして、この企画を「一品物コラボレーション・プロジェクト」と名付けられ、私、工房の鈴木が企画責任者を担当させて頂いております。

今回、このプロジェクトの目的は以下のものです。

1.個性と作りのしっかりした作品を世に知らしめ、そのジュエリーがカップルである二人にピッタリだと感じた御客様に販売することで、クリエイターの思いを一生の愛の象徴として昇華させる。

2.「一品物」という特別感は、一生の象徴として相応しく、一般的な量産化されたジュエリーや出来上がるまで、どのようになるか詳細が分からず価格も量産品のおよそ2倍になるフルオーダー販売と、一線を画する新しい満足感をブライダルジュエリーにおいて提供するビジネスモデルの確立。

3.専門学校、各種学校を卒業しても就職先及び個人での販売先が見つけられないことは、ジュエリーを職業として学ぶ意欲を低下させる一因になるので、このプロジェクトにより、仕事としてのジュエリーの可能性を広げ、関わる人、すべてが充実した人生を送ることを目指す。

 一品物コラボレーション

▲一品物コラボレーション

現在、展示開始している一品物ブランドとしては

「GIMMEL GARDEN」「螺鈿と漆のジュエリー」「RieCOLLECTION」の3ブランドです。

「GIMMEL GARDEN」はイタリアの伝統金工技術である「インチジオーネ」(日本では洋彫とも呼ばれてます)を駆使したヨーロッパのゴシック的デザインのジュエリーです。

非常に繊細な彫刻が施されている芸術的逸品。

http://gimmelgarden.jp/「GIMMEL GARDEN」の金製の一品物を購入できるのは、現在、1/f 銀座店のみです。

皆さんは「螺鈿」(らでん)というものを御存知でしょうか?螺鈿とは、夜光貝その他の貝類を漆地や木地などにはめ込み、光線の当たり具合によって貝の部分が神秘的に美しく光るのを利用した、伝統工芸の加飾法のひとつです。≪螺≫は、螺旋状の貝殻をもつ貝類のことで、≪鈿≫は金属や貝による飾りを意味します。(ウェブサイトより引用)「螺鈿と漆のジュエリー」の美しさは、言葉で説明するのは非常にむずかしいくらいに独特な美しさを有しております。是非現物を見て頂きたいと思います。

http://keiko-ito.com/top.html

「RieCOLLECTION」は、大胆な形状のデザインのジュエリーを日常的なシーンで使いやすく、ファッションにも合わせやすい成熟した大人の女性に似合うジュエリーです。結婚の御予定のカップルのお母様への感謝のしるしのプレゼントとして喜ばれること間違いありません!

一般的なジュエリーショップでは見かけることが困難な素晴らしい作品の数々を是非、銀座店にてご覧ください!お待ちしております。

◆1/f 銀座店【アクセス情報】

関連記事

  1. 2009.12.18

    ダイヤルゲージ

    貴金属で構成されている地金無垢材のボリュームたっぷりのものは非常に金額も高くない、重量も重くなって…

    ダイヤルゲージ
  2. 2009.05.16

    矢坊主

    鉄製の「こけし」のような形状の工具は「矢坊主」と呼ばれる鏨(タガネ)の種類のひとつです。真珠を…

    矢坊主
  3. 2009.07.21

    ゴム型&ワックスパターン

    ジュエリーを鋳造工程において作る際に最初に必要なものが、「原型」と呼ばれる金属でジュエリーの形をし…

    ゴム型&ワックスパターン
  4. 2009.11.14

    パワーコントローラー

    ゴム型を用いて型取りしたワックス(蝋)で出来上がっているリングの記事を以前、話題に取り上げました…

    パワーコントローラー
  5. 2007.11.4

    デザインのヒント

    こんにちは♪制作グループの藤本です!寒くなってきましたね。今年のコートはもう買いましたか?私は…

    デザインのヒント
  6. 自筆刻印サービス

    2007.02.3

    自筆刻印サービス

    はじめまして。制作スタッフの藤本です。これから私が担当している作業の中の1つ【文字彫刻】…

    自筆刻印サービス
  7. 2009.02.19

    遊びに来るハリー

    工房のフロアで普段は、おとなしくしているハリーですが、退屈すると写真のように「遊ぼうよ!」とちょ…

    遊びに来るハリー
  8. 2009.12.17

    すり板の先端部

    ジュエリー制作を行う目的の机には必ず取り付けられていると言っても過言でないものが「すり板」と呼ばれ…

    すり板の先端部
  9. 燐銅

    2009.07.31

    燐銅

    ちょっと専門的、技術的な話になってしまうので恐縮ですが、原型の加工などに用いられる銀地金の鋳…

    燐銅

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。