f:id:f1-jewel:20130421214449j:image

こんにちは、クラフトパーソンの鈴木です。

砥石を用いて研ぎあげている工具は「キサゲ」というものです。

この工具は非常に古くから日本の伝統的金属工芸の中で使用されてきました。

古い資料を見ると「切下げ」と書いてあるものも目にします。

日本刀の飾り部分などの制作にも多く用いられてきたということです。

現在ではあまり使われなくなってきてる工具ですが、私は多用しております。

本来のこのキサゲはヤスリを掛けた面のヤスリ傷をきれいに除去する目的で

使用されますが、私の場合は極僅かなジュエリー本体の寸法調整をするときに

ヤスリで削るほどではないくらいの微調整に用いているのです。

1/100mm単位の調整には非常に便利です。

そして、その工具の状態をベストに保つのには写真のように研ぎ上げます。

良い工具の手入れは良質の仕事に繋がりますね。

クラフトグループ 鈴木 誠

関連記事

  1. 2006.12.21

    超日本的な道具

    こんにちは、制作の鈴木です。今回ご紹介する工具は、「キサゲ」という道具です。上記の2つの写…

    超日本的な道具
  2. 2009.07.21

    ゴム型&ワックスパターン

    ジュエリーを鋳造工程において作る際に最初に必要なものが、「原型」と呼ばれる金属でジュエリーの形をし…

    ゴム型&ワックスパターン
  3. 2007.01.11

    日々精進

    こんにちは、工房の鈴木です。今回ご紹介する工具は、以前にご紹介した「けがき」のコンパス部分だけ…

    日々精進
  4. 2008.04.9

    記念日

    こんにちは♪制作グループの藤本です。先日、日本武道館に行ってきました!!!その日はお気に入りの海…

    記念日
  5. 2009.12.5

    メレダイヤの取り扱い

    皆さんは「メレダイヤ」と呼ばれる小さいダイヤを見たことがあると思います。小さなものだと直径が1.…

    メレダイヤの取り扱い
  6. 2009.10.1

    目の疲労

    エンゲージリングに用いられるダイヤモンドは一般的にグレードの高いものが多いですね。たいへん美しく…

    目の疲労
  7. 2007.02.22

    Bunkamuraティアラ展

    こんにちは!工程管理の金原です。先日渋谷Bunkamuraザ・ミュージアムでティアラ展(2007…

    Bunkamuraティアラ展
  8. 2009.09.17

    溶接用眼鏡

    △溶接用眼鏡(その1)ちょっと見ると、サングラスかな?と思える、この眼鏡。これは溶接用の眼鏡…

    溶接用眼鏡
  9. 2009.05.16

    矢坊主

    鉄製の「こけし」のような形状の工具は「矢坊主」と呼ばれる鏨(タガネ)の種類のひとつです。真珠を…

    矢坊主

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。