完成したジュエリーの細部を見てみると、非常に狭い隙間があり、さらにその部分まできれいに磨かれているものがあります。研磨用の先端工具も入らなそうな場所ですが、どのようにして磨いているのでしょう?

糸磨き

△糸磨き

このような狭い場所を磨くために写真にある木綿糸に研磨材を塗布し、その隙間に入れて磨いてゆくのです。(糸が黒くなっている部分に研磨材が塗布されてます)この作業のことを「糸磨き」と呼びます。

先日、東京国立博物館の「表慶館」で開催されていた「カルティエ展」に出掛けたのですが、この催しの中で現在のカルティエの工房でのジュエリー制作の手順を追ったビデオが上映されてたのです。こちらでも製品の仕上げの際に、職人さんたちが、この「糸磨き」をかなり用いてました。

昔からある古典的な研磨方法ですが、現代においても、まだまだ使われている方法なんですね。

関連記事

  1. 癒し系おもちゃ

    2007.04.17

    癒し系おもちゃ

    こんにちは、制作の鈴木です。今回はジュエリー制作用機械の話ではなく、写真にあります魚の癒…

    癒し系おもちゃ
  2. 2009.08.7

    デジタルノギス

    昔から制作中のリングなどの幅、厚みを測る道具として「ノギス」というものがありました。それがアナロ…

    デジタルノギス
  3. 彫金

    2010.04.25

    彫金

    ジュエリー制作技法について、今回は「彫金」についてお話ししたいと思います。一般的に「彫金」と…

    彫金
  4. 2007.06.7

    高品質なピンクゴールド

    こんにちわ。制作の鈴木です。久しぶりの投稿になりますが、今日は当社の自慢のピンクゴールドについて…

    高品質なピンクゴールド
  5. キズミ

    2013.09.7

    キズミ

    こんにちは、クラフトパーソンの鈴木です。ジュエリー制作に…

    キズミ
  6. 2009.06.23

    すり板 on the 木台

    一般的なジュエリー製作用机は写真のように弧を描く大きな凹みのカーブ中央に「すり板」と呼ばれる…

    すり板 on the 木台
  7. 鍛金

    2010.04.4

    鍛金

    今回から皆さんにジュエリー制作方法として用いられてきた伝統的技法の歴史などをお話したいと思います。…

    鍛金
  8. 2009.02.28

    ピンセットの手入れ

    極々小さなパーツ、直径1.0mm前後のメレダイヤなどを加工の最中に摘み、必要な箇所にセッティング…

    ピンセットの手入れ
  9. リングサイズ整型器

    2013.05.18

    リングサイズ整型器

    こんにちは、クラフトパーソンの鈴木です。最近はお客様のリングサイズについて0.5番刻みで対応…

    リングサイズ整型器

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。