高周波誘導加熱装置

こんにちは、制作の鈴木です。

今回御紹介する機械は、前回のス○ーウォーズに出てくるR2○2に似ている鋳造機を制御するための「高周波誘導加熱装置」です。

まず、鋳造を行うためには金属を溶解させる作業があるのですが現在それを行うときに強力な火で金属を加熱するということは行っておりません。どのように行うかというと、電子レンジで料理を温めるのと似ていますが、物質の最小単位である原子自体が発熱するように原子核の周囲を回っている電子の活動を活発にさせることによって、原子の集合体である、その物質全体が発熱していくという方法で金属を溶解させています。

そのために高周波を貴金属地金の周囲に発生させるのですが、それを制御しているのが、この写真の機械なのです。中には巨大な真空管が入っているのですが、そのパーツは一本30万円もします。そして、この真空管自体も、かなりの熱を発生するため、周囲には水冷式のラジエターが装備されているというすごいものなんです。鋳造が終わってから電源を落としても、すぐには熱が冷めないので10分間はラジエターの水流を止めることはできません。

そして前回登場のR2○2のような機械との間には、高電圧線で繋がれておりまして、それに近づいたらたいへんに危険です。最初、使い始めたときには、ずいぶんと緊張しましたが、今は慣れてきました。しかし、慣れたとは言え、安全第一での作業を心掛けておりますよ!

関連記事

  1. 2009.07.14

    アルコールランプ

    皆さんも、かつて理科の授業の際には使ったことがあるものではないでしょうか?△アルコールラ…

    アルコールランプ
  2. 2007.02.22

    Bunkamuraティアラ展

    こんにちは!工程管理の金原です。先日渋谷Bunkamuraザ・ミュージアムでティアラ展(2007…

    Bunkamuraティアラ展
  3. 2009.04.5

    深曲がり刻印

    ほとんどの場合、皆さんがお使いのリングの内側に「刻印」が押されているのは御存知のことでしょう。それ…

    深曲がり刻印
  4. 2009.12.23

    代用品のロー付け台

    写真のロー付け台は非常に変わった形状をしてますでしょ?これはプラチナの鋳造機で使用されるシリカ…

    代用品のロー付け台
  5. 2009.08.27

    糸磨き

    完成したジュエリーの細部を見てみると、非常に狭い隙間があり、さらにその部分まできれいに磨かれている…

    糸磨き
  6. 2006.12.21

    超日本的な道具

    こんにちは、制作の鈴木です。今回ご紹介する工具は、「キサゲ」という道具です。上記の2つの写…

    超日本的な道具
  7. 2009.02.13

    糸鋸

    これは私がジュエリー制作を開始して以来、使用している旧西ドイツ製の糸鋸です。△糸鋸すでに3…

    糸鋸
  8. 2009.05.16

    矢坊主

    鉄製の「こけし」のような形状の工具は「矢坊主」と呼ばれる鏨(タガネ)の種類のひとつです。真珠を…

    矢坊主
  9. 2007.01.11

    日々精進

    こんにちは、工房の鈴木です。今回ご紹介する工具は、以前にご紹介した「けがき」のコンパス部分だけ…

    日々精進

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。