2007年01月23日
ジュエリーとCAD

形の構成を捉える

こんにちわ!CADデザイナーの荒井です。
だいぶ間が空きましたが、前回の『ジュエリーとCAD に引き続いて第2弾です。

■形の構成を捉える■

皆さんは「リング」の形をどう捉えますか?

棒をぐるっと丸めた形? 円盤に穴をあけた形? ものの形の見方は人それぞれだと思います。実はCADを使った設計も同じで、ある形を作る方法は一つとは限りません。シンプルなリングであれば、断面の形をリングの周に沿って1周滑らせても作ることができますし、厚みのある円盤をくり抜いても作ることができます。

しかし、形によって「適切な方法」が異なり、方法を間違えるととんでもない手間が掛かったり、最後の最後に「綺麗にまとまらない(涙)」といったことになりかねません。造型の基本は「手間が少ない程綺麗にまとまる」なのです。

投稿者 ING : 2007年01月23日 11:03| 20工房より

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.f1-jewel.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/59

コメント

コメントしてください




保存しますか?