こんにちは!工程管理の金原です。

先日渋谷Bunkamuraザ・ミュージアムでティアラ展(2007/1/20(土)~3/18(日)まで開催中)に行ってきました♪100展を越える美しいティアラの数々、またその輝きにうっとりでした。

ティアラとは宝石などをちりばめた冠状の髪飾りのことですが、ティアラ展の図録の説明に「それ(ティアラ)は結婚生活の神聖さと喜ばしさを事前に示すものであった」とあり、中世ヨーロッパでは花嫁が結婚式の日に着用したそうです。今でも結婚式でウェディングドレスと一緒に着用されるのは、ティアラがブライダルジュエリーの役割も担っていたためなのですね。

またティアラ展に出展されていたティアラではダイヤモンドをあしらったものが圧倒的に多く、ダイヤがいかに重要視されていたのかがよく分りました。頭部を飾るティアラにおいて、光を反射してきらきらと7色に輝くダイヤはその人の尊さ、豊かさを示す後光(今の言葉ですとオーラでしょうか?)を表現し、ダイヤを身に着ける=光を身につけることだったようです。

当社のエンゲージリングの中でもヴィーナスグレアシリーズはダイヤの輝きを最大限に引き出す効果のあるヴィーナスセッティングでダイヤモンドを留めています。ティアラには日常的に身に着けられる強度はありませんが、ヴィーナスグレアならばお客様に日常的に「光」を身につけていただくことが可能です。どうぞ一度 1/f のショップまで足を運んでいただき、実際の輝きを体験していただければと思います。

より多くのお客様に、ぜひヴィーナスグレアを通して「光」をその身にまとっていただきたいです

(*^-^*)。

関連記事

  1. 2009.10.1

    目の疲労

    エンゲージリングに用いられるダイヤモンドは一般的にグレードの高いものが多いですね。たいへん美しく…

    目の疲労
  2. 2009.08.7

    デジタルノギス

    昔から制作中のリングなどの幅、厚みを測る道具として「ノギス」というものがありました。それがアナロ…

    デジタルノギス
  3. 2007.01.23

    ジュエリーとCAD?

    こんにちわ!CADデザイナーの荒井です。だいぶ間が空きましたが、前回の『ジュエリーとCAD?』…

    ジュエリーとCAD?
  4. 2009.07.10

    鋳型埋没工程

    さあ、これは何を行っているのでしょうか?これはプラチナでリングを鋳造するための鋳型となる粉末状…

    鋳型埋没工程
  5. 2009.06.16

    彫刻台

    風貌はいかにも工業用ロボットのような感じなのですが、上半分のところが万力のような構造になっている…

    彫刻台
  6. 古典的工具キサゲ

    2013.04.20

    古典的工具キサゲ

    こんにちは、クラフトパーソンの鈴木です。砥石を用いて研ぎあげている工具は「キサゲ」というもの…

    古典的工具キサゲ
  7. レーザー溶接機

    2013.06.8

    レーザー溶接機

    こんにちは、クラフトパーソンの鈴木です。現在、ほとんどのジュエリーに用いられている貴金属類に…

    レーザー溶接機
  8. 2006.11.14

    やっとこ(1)

    皆さま、こんにちは。工房にてジュエリー制作を担当しております鈴木と申します。ジュエリーを創る…

    やっとこ(1)
  9. 2009.02.13

    糸鋸

    これは私がジュエリー制作を開始して以来、使用している旧西ドイツ製の糸鋸です。△糸鋸すでに3…

    糸鋸

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。